ページビューの合計

マクロン対トランプ 握手の攻防






トランプ式握手はまず力強く入り、相手の手をすぐには離さず、自分の方に引き寄せることも多い。マクロン氏との初会談でトランプ氏はいつも通りに握手を始めたが、先に引いたのはマクロン氏ではなくトランプ氏の方だった。トランプ氏はいったん引こうとしたが、マクロン氏はこれを離さず、トランプ氏はやむなく指をまっすぐ伸ばし、ようやくその手が解放された。 トランプ式握手が注目され始めたのは、安倍晋三首相との19秒に及んだ握手がきっかけだ。当惑する安倍首相の姿を見て、世界の国家元首らはこれにどう対応するべきかを学んだ。カナダのトルドー首相はタイミングとバランス、コントロールを巧みに組み合わせることでトランプ式握手の無力化に成功している。
市場の変動はメディアが作る。

2017/05/26
  プロレスで鍛えたトランプだから普通の御仁なら安倍流で当惑当然。ということはマクロンは普通ではない?
嫁さんも一回り高齢だし。

その筋のやりたい放題


トランプ騒動時(FBI長官電撃解任、捜査妨害疑惑2017/05/18







*騒ぎ冷めやらぬ、わずか1週間でこれほどの変動。




*
















👇
2017/05/25
ついに指数は10を割った。




黒田節は聞きたくない



「世界的金融緩和の終焉のシグナル」



2017/05/23
【新たな振動はECから】ECBが量的緩和縮小や利上げの可能性に言及している中で、メルケルがユーロは弱すぎる発言。えっと意外な感想。ドイツはユーロ安のメリットを享受していたんではなかったのか?
「ECBから市場に驚きがもたらされる公算が大きい」

🔺🔻

日銀の緩和姿勢から引き締めへの転換も近い。要警戒黒田節。

ニイタカヤマノボレ


  • ...........................................................................................................





    比叡山より高い愛宕山
    愛宕山924 m



    比叡山
    848 m


    .


    ***最高裁は大統領を巡る疑惑について捜査を許可するとともに、大統領が汚職事件に絡みブラジル食肉加工大手JBSのジョエスレイ・バチスタ会長と司法妨害を共謀した際の会話を録音したとされるテープや司法取引による証言も承認した。これにより、裁判所は証言と録音テープを公表することが可能になった。 
         ブラジルのグロボ紙によると、バチスタ氏は3月に大統領と面会した際、汚職事件で逮捕されたクーニャ前下院議長を口止めするための賄賂について話し合った。バチスタ氏は会話を録音していたという。バチスタ氏は司法取引の一環として録音内容を司法当局に提出した。 
        JBSに対する捜査について詳しい3人の関係者は、グロボ紙の報道は正しいと述べた。      
        テメル大統領が辞任、あるいは弾劾された場合、憲法の規定で下院議長が大統領代行を務め、議会は30日以内に新たな大統領を選出することになる。  ただ、政治家の多くは国営石油会社ペトロブラスなどを巡る汚職事件に関与した疑いで当局の捜査を受けているため、憲法を改正し、直接選挙制を導入するよう求める声が広がっている。 

    玉山(新高山)
    3,952 m












    富士山
    3,776 m

    意外と高い六甲山

    六甲山932 m






    ブラジルに異変






    新たな火種
    ブラジル
    機を同じくしてブラジルでも大統領弾劾騒ぎ。








    .


    ***最高裁は大統領を巡る疑惑について捜査を許可するとともに、大統領が汚職事件に絡みブラジル食肉加工大手JBSのジョエスレイ・バチスタ会長と司法妨害を共謀した際の会話を録音したとされるテープや司法取引による証言も承認した。これにより、裁判所は証言と録音テープを公表することが可能になった。 
         ブラジルのグロボ紙によると、バチスタ氏は3月に大統領と面会した際、汚職事件で逮捕されたクーニャ前下院議長を口止めするための賄賂について話し合った。バチスタ氏は会話を録音していたという。バチスタ氏は司法取引の一環として録音内容を司法当局に提出した。 
        JBSに対する捜査について詳しい3人の関係者は、グロボ紙の報道は正しいと述べた。      
        テメル大統領が辞任、あるいは弾劾された場合、憲法の規定で下院議長が大統領代行を務め、議会は30日以内に新たな大統領を選出することになる。  ただ、政治家の多くは国営石油会社ペトロブラスなどを巡る汚職事件に関与した疑いで当局の捜査を受けているため、憲法を改正し、直接選挙制を導入するよう求める声が広がっている。 

    2017/05/19
     *ブラジル 6ケ月
    指数が一晩で10%以上も下落している。メディアはNY変動の偏重報道だ。ブラジル変動は全く報道していない。
    * 大統領の汚職事件関与疑惑を受けて、テメル大統領が掲げる財政再建計画が頓挫するとの懸念からブラジル株式市場は急落。ボベスパ指数は9%安と、2008年金融危機以降で最大の下落率となった。通貨レアルも対ドルで急落した。




















    メディアは嘘をつくし、トランプは今更の感がする







    市場は愚衆から金を巻き上げる便利なツールだ
    市場の変動はメディアが作る。





    .24時間市場CFDでは昨晩一時560円安のN225。
    一晩すぎれば56円高で帰ってきた。
    この間 
    /は110.24~111.58。

    2017/05/18
     VIX恐怖指数は前日比42%も上がった。この変動に賭けた連中はウハウハ状況。10兆円規模の資金を賭けれる組織は一晩で4兆円も濡れ手に粟の利益を得ることが出来たわけ。それは国家であればロシア、北朝鮮などだったらできるし、やりたい動機も強いはず。ヘッジファンドがメディアに金を掴ませてやっている可能性もあるし、メディア自体が別働隊を使ってやっているかもしれない。日経、ブルームバーグ、ロイターなどは怪しさで筆頭だ。下記の記事タイトル見出しやこのタイミングで金髪のトランプにダブらせた写真を掲載させるやり口はいただけない。
    明日をも知れない不安を煽り(北朝鮮ミサイル)、大きく上がったところで今買わなければ大きなチャンスを取り逃がす的な記事を繰り返し報道する(仏選挙後の大幅高時)。その後トランプ騒動の蒸し返し。


     

    トランプ騒動の裏で

    ほんまかなぁ


    「内閣府が朝方発表した日本の1ー3月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は、年率換算で2.2%増と市場予想の1.7%増を上回った。2006年4ー6月期以来、約11年ぶりとなる5期連続のプラス成長」



    2017/05/18
    【速報値だから】確報値段階で下方修正されるのではないかなm

    🔺🔻

    為替が1ドル=110円台まで一気にドル安・円高に振れ、日経平均は午前の取引で一時365円安まで下げ幅を拡大。
    • 日経平均(円)
      5/18 大引
    • 19,553.86
    • -261.02
    • -1.32%
    東証1部33業種は保険、銀行、証券・商品先物取引、石油・石炭製品、ガラス・土石製品、機械、電機、精密機器、輸送用機器、卸売など29業種が下落。海運、食料品、陸運、電気・ガスの4業種は上昇。売買代金上位ではソフトバンクグループや三菱UFJフィナンシャル・グループ、ファナック、第一生命ホールディングス、野村ホールディングス、アルプス電気が売られ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を下げたオリンパスも安い。半面、JTやブイ・テクノロジー、東京ガス,鹿島,大成建は高い。

    また、ロシアから異常なアクセス








    私の駄(Да)サイトを
    弄んでも何のメリットもないのだが。

    2017/05/12
     そもそも、ロシアから何故アクセスが来るのか見当もつかない。


     

    国別のページビュー

    ブログの閲覧者が多い国のグラフ
    項目ページビュー
    ロシア
    603
    日本
    211
    アメリカ合衆国
    12
    フランス
    3

    グラス・ハーフ・フル

    「グラス・ハーフ・フルな考え」

    *コップに水が半分入っている。

    *
    -「コップに水が半分も入っている」
    「コップに水は半分しか入っていない」





      ◉








        



    ム        




    「コップに半分水画像」の画像検索結果

    オムロン6645が大幅安


    • 成長投資に積極的なことが逆に売られる理由になっている
     オムロン 
    2017/04/28
    *市場は気分が落ち込んでいる。いずれ見直しが入って高値を取りに行くだろう。
    p

    「27日、2020年度までの新たな中期経営計画を発表した。中計期間中、設備投資に1600億円(過去3カ年実績1007億円)、研究開発に2700億円(同1514億円)、M&A(合併・買収)などに1000億円─2000億円(同447億円)を投じる。18年3月期は増収増益を見込むものの、今後の費用増加への懸念から売りが出ている。18年3月期の通期営業利益予想が前期比0.6%増の680.00億円と、コンセンサス(760億円程度)を下振れたことが嫌気される展開となっているようだ。



    2017/04/27
    17年3月期の営業利益は前期比8.5%増の675.66億円で、従来予想(640億円)を上振れて着地。円高による為替のマイナス影響があったものの、生産性向上などの取り組みが奏功し、電子部品事業やヘルスケア事業が利益面で寄与した。
    実態はコンセンサス並の収益力も、減価償却、のれん代などの増で利益が食われると言う解釈のようだ。目先の利益優先の市場ということ。