ページビューの合計

財務省内でささやかれる「金融所得増税」

株式市場を冷やす金融増税は、その検討が始まった時点ですでに決まっている。
自民党はのぼせ上がっているようだ。
早期に衆議院を解散させ自民党以外に投票して国政を滞らせたほうがいい。
民主党や立憲や希望には投票しないよう要注意。無所属新党に!。

本当か、誤報というのは

ハワイへの北鮮ミサイル発射警報誤報は意図的なヤラセ?

  • アメリカの先制攻撃はいよいよ近い。
      • 【コメント】
      • ミスと見せかけて結構本式の予行演習を警報発信したのではないか。
    皆真剣に避難行動を取ったが、人々は極めて稚拙な行動が多かったようだ。

債権王と言われるがガンドラック年頭に吠える

グロス氏やガンドラック氏ら債券王たちの見方は株式市場の楽観とは真逆のものになっている。
      • 【株式】
      • 「米10年債利回りが2.63%を
      • えれば、上昇が加速し、株
      • 市場は慎重になる」
  •  S&P 500指数は年初に15%ほど上昇するかもしれないが、下落を始めるとそれまでの上げをすべて吐き出してしまう
  • 不況の指標はいずれも不況を示していない。誰でもそれは知っているのでそれは価格に織り込まれている。
      • 【債券】「米30年債利回りが3.22%を超えれば、債券の強気相場は完全に終わる」
  • 2018/01/10
    日銀の政策動向が世界の金利を変動させた。
      • 【円金利上昇し円高】日銀が超長期債買入れを減額することがテーパリングとの観測を呼び、円金利・円相場が上昇した。日銀の金融政策正常化観測は世界のマネー供給元の蛇口が締まることを連想させた。
米国10年債券が2.55%を超えてきたのに円高になったようにみえるがそうではなく、日銀の動きが円金利を上げ,円高を作った。それに合わせるように米国債券利回りも上がって2.55%になった。

߷スイスフランに対しても円高になっている。
 *日本国債10利回り
 6ヶ月


*
スイスフラン/6ヶ月
【㌦/円】日足6ヶ月


  •      

*米国国債10利回り 6ヶ月
 

  •  
    •  
    • 債券王;ビル・グロス
    • ★今日、債券の弱気相場が確定した。25年におよぶ長期トレンド線が米5年債・10年債で破られた。
    ビル・グロス氏は先日、米5年債・10年債利回りの重要な節目としてそれぞれ2.25%、2.45%を挙げていた。
  •  2018/01/09の同利回りはそれぞれ2.33%、2.55%。

2018年大発会から3連騰1000円上げ

  •  
  • 2018/01/10
  • ★大幅高で始まった今年の大発会。以降3連続上昇しこの間1000円以上の上げとなった。春までには28000円が見込める
*
N225底入れ(2017/11/16)←大商いで高値波乱
*


.米国2日分の後を受けたとは言え「あ、すごい」と思わず感嘆。
2018/01/04 寄り前のCFD
    ・2018/01/04
      •  寄り前; N225は23,000円の大台を更新し、昨年来高値で大発会を迎えそう。




















    2018/01/04 終値











    2018/01/05終値






     
    2018/01/09終値





    p

    米景気拡大 米減税とその効果


    •  
    • ・2018年の経済が良好に推移する
    • ・それが金利を押し上げ、資産価格への重しになっていく
    • ・仮に強気派の挙げる材料を是とするなら、厄介な金利上昇はさらに上げ幅を広げる
    • ・そういう成長が得られるなら、金利は今のままではいられなくなる。
    • ・【米2年債利回りがS&P500の配当利回りを超えた】
    • 年末(12月29日)のSP 500配当利回りは1.87%。
    •  米2年債利回りは1.89%
    •  米国株に割高感があって先安と考える投資家がいれば、米国株ではなく2年債にしておけば死に金にもならず次の買い場まで待機できる
    •  
        • ・減税で浮いた資金を株主に還元。自社株買いの増大&株式消却
    •  


    •  

    •  
    •  
        • ・減税で浮いた資金を株主に還元。自社株買いの増大&株式消却
    •  
    •  
    •  

    •  
    •  
    •  
    • ㌦円超長期画像サイト
        • 【米国】
          ・法人税率の引き下げ
            35%➡21%
          ・海外利益本国送金課税の軽減
            前回ブッシュ時は自社株買い
            に繋がった。
    •  






    阿呆な投資家で知られているジム・ロジャース


    • 「日銀は毎日紙幣を刷って株や債券を買っている。 とてもショッキングで信じられない話だ。 次の弱気相場で日本は海の中に消滅するかもしれない」ジム・ロジャース
    •  
    •  

      2017/11/29
        • 意外とマトを射てるかもしれない
        2017/11/29
          • 意外とマトを射てるかもしれない
        •  日本沈没が実現するかは別として、その前段は胸に刺さる。私たちはあまりにも現状に慣れすぎてしまったかもしれない。「紙幣を刷って株や債券を買」うという行動の異常性に無頓着になっている。わずかな自己資金で膨大な債券や株を買うという行動は、通貨を発行できる中央銀行だからといって健全なものか。それを疑う気持ちが日に日に薄れていく。
        • ロジャーズ氏はかねてより日本や日本人に好意を持っているが、さほどのシンパシーはない。彼にとって今の日本は投資の対象だ。「しかし、しばらくの間は、高値から50%低く、安倍首相は市場を持ち上げるために何でもする。だから、私は日本株を持っているんだ。私が儲かるかどうかはわからないが、日本株は過去の最高値まで戻ると考えている。」
        • 日経平均株価の史上最高値は1989年12月29日の取引時間中につけた38,957.44円。24日終値は22,550.85円だから、日経平均で72%の上昇を予想していることになる。(フィナンシャルポインタコメンテータ)

        N225の50年推移

        *韓国 51年間
        *香港.HSI  51年間
        NYダウ 1986年~55年間

        S&P 1986年~55年間