ページビューの合計

  ✘銀行の存在意義               
そもそも銀行は小口の大衆の預金を集めて事業を進める企業に貸し出して、その利ざやスプレッドで利益を得る。

  • ・今はマイナス金利の時代だ。貸した方が金利を払うという驚天動地の事態だ。

    • マイナス金利政策は民間の銀行が集めた預金を日銀に預けると、義務として預けなくてはならない法定準備預金額を超えた分の一部に0.1%の利息を日銀に払わなければならない。

    • 銀行はマイナス金利を回避する目的で、信用力の高い独立行政法人などへの「ゼロ金利貸出」を急激に増やしている。
    • ・マイナス金利回避貸出競争はそのうち激化し不良貸出先に手を染めていくことだろう。
  • 銀行は手数料収入や証券売買業務などの投資銀行業務を増やしているが銀行本来の組織目的からしたら外れている。それをやらないと生残れないと切羽詰まっている。銀行のビジネスモデルは破綻している。一部地銀で赤字銀行が出てきている。信用力がベースの銀行が赤字で存立できるというのも驚天動地の出来事だ。福島銀行と池田泉州ホールディングスが赤字。

  • 2018/02/15
  • 貸出金はマイナス金利の導入で15年末から6%増えたものの、目立つのは不動産への融資。上場企業の過半は実質無借金で、「資金需要は強くない」。足元では大都市圏の地価高騰に伴う不動産融資が減速しており、月次でみた貸出金の伸びは前年同月比2%台にまで下がってきた。

  • ・金融業界は節操がなくなった。
  • 日銀がマイナス金利を導入して2年。2017年末の貸出金残高のうち、金利0%台の融資が全体の62%に達した。

銀行よさようなら仮想通貨よこんにちわ?!


暴落最中の新たな胎動?

  暴落最中の新たな胎動?  

*極東開発7226
******
*百万株


MACDクロス包み孕み
18/02/09包み割れ18/02/09孕み割れ
*福井コンピュータ9790
******
*百万株


MACDクロス包み孕み
18/02/09孕み割れ
◯2
*ファナック6954
******
*百万株


MACDクロス包み孕み
*
******
*百万株

暴落のさなかの超強気

  史上最高のヘッジファンドマネージャーレイ・ダリオの読み  
「押し目買いに向かう待機資金が莫大な金額存在する」「市場は噴き上がり」
「キャッシュを抱えたままなら、後でひどく愚かだったと感じることになる」
「米国では急激な信用創造が起こり、消費者物価を残して資産価格が上昇を続ける

  • ・2018/02/16
  • 「市場は噴き上がる」と予想していた時、ダリオ氏は市場のあと一上げがあってから弱気相場入りすると予想していたと推測される。最近の刺激策・成長・賃金の加速は、ダリオ氏が考えていたより(景気)サイクルが少し先を行っていると。サイクルが少し先を行っているとは、期待していた最後の一上げがすでにだいぶ消化済みかもしれないと。


  • 2018/02/07 突然の大嵐が来たからとりあえず耳障りの良いことを言って自分は退避の準備に入ろうとしている。   

  • 2018/02/16
  • 米国株をロングし、欧州株と日本株をショートしている模様。多分にポジショントークである点留意。















  米著名投資家カール・アイカーンの読み      
5日の米株急落について「地震の地鳴り」のようなもの。株価はいずれ回復する」「米企業の堅調なファンダメンタルズや米税制改革のプラス効果を踏まえ、現在の小規模なパニック状態を乗り切るはずだ」








  • カール・アイカーン氏は18日、トランプ大統領の特別顧問を退任すると表明した。同氏を巡っては、政府への提言と自身の取引が利益相反を招くとの批判も出ていた。2017/08/18 
.「極めて大規模な調整局面を迎える」が、今がそうではない。
「投資家は金融市場を「カジノ」のように扱うべきではない」とし、「大きな間違いだ。ステロイド剤を使ったカジノのようになっている」
上場投資信託(ETF)や投資家の不安心理の目安とされるボラティリティ・インデックス(VIX)に連動する上場投資証券(ETN)などを主要リスクと指摘。「市場は一般の人々がデリバティブ取引をする場ではない」とし、最近取引されている3倍の値動きをするレバレッジ型ETFは「常軌を逸している」

仮想通貨ビットコインについては「ばかげている」との考えを示しつつも、選好しない理由は仮想通貨を「十分に理解していないためかもしれない」













仮想通貨は詐欺的、BIS総支配人

❂国際決済銀行BIS総支配人がここまで言明
.2018/02/06
・ビットコインなど仮想通貨は通貨として持続可能ではない
・通貨になりすましたディジタルトークン
・ビットコインはバブル・ポンジ・スキーム(詐欺的な資金集め)と環境破壊が混じったもの
・仮想通貨は既存の金融インフラの寄生虫



伝わったニュース18/02/06








暴落時の好材料


*アイコン集
ライト工業1926期末一括増配 時価利回り3.05%   

ついにやってきた世界株崩落の始まり

❂①NYダウ700ドル安
.2018/02/02固定



伝わったニュース18/02/08



  • 18/02/08
  • 米国債「大増発」時代へ 長期金利に再び上昇圧力
  •    前年度比8割増
  •  ・大型減税で歳入減
  •  ・軍拡国防費増額
  •  ・債務上限引き上げ
          3000億ドル増
  •  ・FRB国債買い入れせず
       逆に国債放出。
  • ・18/02/03
  • ▶米雇用統計受けフラット化のポジション解消進む=NY債券概況(06:48)
  • ▶【恐怖指数】警戒感は大きく上昇(06:40) 
  • ▶ダウ平均は一時700ドル近く急落 強い米雇用統計もインフレや賃上げ警戒=米国株概況(06:33) 
  • ▶NY時間に伝わった発言・ニュース (06:23) 
  • ▶サンフランシスコ連銀総裁 FOMCは緩やかな利上げ計画の維持を(06:01)

.厳寒の中、インバで暖を取る。
【検証】 
LIVE



.

-2018/02/12
米経済が力強く回復
 ・金融緩和の巻き戻し
 ・実体経済の資金需要増大 ➡
マネーが金融経済から流出し、実体経済に居所を変える。








  •  

  • ◉2018/02/09  NY🔺350㌦
  • ◉2018/02/08  NY▼1,032㌦
  • ◉2018/02/07  NY▼19㌦
  • ◉2018/02/06  NY🔺567㌦
  • ◉2018/02/05  NY▼1,175㌦
    (FRBの新議長パウエル氏の就任の日)
  • ◉2018/02/02  NY▼665㌦

  • .
     


    .
    ③ 🔼567 (18/02/06) 24,912.77
    1,175 (18/02/05) 24,345.75

    1929年と2018年のダウ比較
    1929年当時は株価の-クアアウトと同時に景気縮小期(赤の縦じま)に入り、大恐慌へと沈んでいく。株価は同年10月24日の「暗黒の木曜日」などを経て、下げを加速した。




















    • 金利上昇がトリガーであったが震源地はVIX。VIX空売りの解消が株式暴落を招いた。 
    • 臆病な資金がボラの高い
    • 市場に戻ることはなさそうだ。



    VIX暴落後の5日間 FIX









    . 






    ソースサイト https://finance.google.com/finance?q=INDEXCBOE%3AVIX&ei=1h2CWsC4AtiH0ASOxbPIAw


    VIX(5days) LIVE


    VIX (3ヶ月)LIVE

    VIX (Max)LIVE


    ②18/02/08;VIX低下に賭けるデリバティブのポジション解消が株価下落に拍車。NY:23860. ▼1032

    ①18/02/05【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:14) スポット 37.32(+20.01 +115.60%

    VIXトレーダー、株売り収束までに一段の痛み予想.
    「投資家が市場への影響を認識せずにボラティリティーを空売りしていた」「VIXは5日に38.8と、2015年8月以来の高水準に達し、トレーダーらはVIX空売りのポジション解消に追い込まれた。」「低ボラティリティーに賭ける商品への投資額の概算は2兆㌦(約218兆円)余り」。ここが揺さぶられた。








    .米10年債利回り2.854
    ❂【米10年国債利回り120MA】2017に下記をブレイクすれば米金利は長期上昇トレンド入りのサイン(謎の当たりや)
         2.8 %

    【遅ればせながら18/02/02に実現。
    ドル円は110円台前半。米雇用統計が強い内容となったことでドル買いが強まった。
    米FRBのバランスシート縮小ペース】
    月次
    縮小額


    2018/12月▼500億㌦
    2018/11月▼500億㌦
    2018/10月▼500億㌦
    2018/9月▼400億㌦
    2018/8月▼400億㌦
    2018/7月▼400億㌦
    2018/6月▼300億㌦
    2018/5月▼300億㌦
    2018/4月▼300億㌦
    2018/3月▼200億㌦
    2018/2月▼200億㌦
    2018/1月▼200億㌦
    .


























    .昨日のニューヨーク・ダウ平均は前日比▼665.75(▼2.5%)の25,520.96。2008年12月以来の大きな下げ幅だ。この下げは続くのか。注目は、先行指標として使われることのあるジャンク債市場
    • ジャンク債ETF価格
    •  ジャンク債ETF価格

    • ジャンク債ETF価格は死んだようだ。

    • ここから勝つのは無理だよ、みんな。☆一つだけ方法がある。NK225インバースETFを買うことだ。
    .日経平均CFDは500円安。
    .「私は昨日の(トランプ大統領の)一般教書演説を聞いていて驚いた。すべての新たな施策には財源の裏付けがなく、米国はインフレ昂進への臨界点に達しつつある。時間の問題だ。」
    「トランプ政権の初年度の手柄とされる大型減税には、財源の手当てがなかった。政府の財政悪化は避けられない。来年度以降、大統領の言うようなインフラ支出が検討・実施されるなら、財政はさらに痛みかねない。米国が長く財政的に不安定なインフレの時代を迎える」
     (リーマンショックの黒幕グリーンスパム)