ページビューの合計

臆面のない米大統領

駐中国大使に就任したテリー・ブランスタッド前アイオワ州知事と臨んだ集会で演説
  • 2017/06/22
    • 大統領は演説で「米国は中国と素晴らしい関係にある。私は本当に習国家主席が好きだ」。

  • それ以前は痛烈に中国嫌いを演じていた。









    • 2017/06/23
      • 大統領は「自分はそんな録音をしていないし、持ってもいない」と否定した。トランプ氏はかねてテープの存在をほのめかしていた。

    • トランプ氏「元FBI長官コミー氏との会話、録音せず」
  • 臆面もないとは
    恥と思う様子が見られないほど厚かましいさま, 恥ずかしげもなく ・ 恥じらいも無く ・ ヌケヌケと ・ あっけらかんと ・ しゃあしゃあと ・ 平然と ・ 図々しく ・無遠慮に ・ 遠慮会釈なく ・ 恥を恥とも思わずに ・ ふてぶてしい態度
    ✪トランプ大統領は前日北朝鮮対応で手ぬるい、結果が出ていないと中国を批判していた。
*米中会談前後にトランプブランドを認めたりイヴァンカブランドを認めたりして個人メリットを送り続けていた中国。
p

日米中銀政策会合日程

    • 2017年の金融政策決定会合開催日

      金融政策決定会合

      総裁記者会見
      1月30日(月)・31日(火) 1月31日(火)
      3月15日(水)・16日(木) 3月16日(木)
      4月26日(水)・27日(木) 4月27日(木)
      6月15日(木)・16日(金) 6月16日(金)
      7月19日(水)・20日(木) 7月20日(木)
      9月20日(水)・21日(木) 9月21日(木)
      10月30日(月)・10月 31日(火) 10月31日(火)
      12月20日(水)・21日(木) *何をやっても上手くいかん。もう嫌

      .


      2015/02/05
       黒田総裁は今度は、 2年でなく2年程度なので2年程度とは何か、と問われると2016年前半、いわゆる2015年度中であれば問題なし、という主張にすり替えた。これは2年で2%の主張を3年で2%という主張に変えたに等しい。 2014/12/19 黒田総裁はもっともらしい理屈をこねていますが、単純に考えて、原油安は物価引き下げ要因でしょう。 そういうふうに言わないとならない現在の苦境というか背景があるのでしょう。2年で物価上昇率2%の期限が来ましたし。BEIは1.2%程度しかありません。賃金が上がらないと物価も上がらないとこれまたおかしな理屈も言っています。無理して物価を上げなくて景気回復できないリフレ派の限界です。日銀株を見てみると彼の就任以来ずっと下げ続けています。今日も新安値更新です。BEIも彼の就任時点ではほぼ2%近くあったんですが就任とともに、じり安が続いています。黒田氏は一見、実直に見えますが、出来損ないの前総裁白川氏以下ということでしょうか?
    • 2014/12/19  苦し紛れに口から出まかせ
    • 黒田総裁は「原油が相当大幅に下がっているということは事実だ。これは石油をほぼ100%輸入している日本にとっては経済を押し上げる効果を強く持つ」と指摘。一方で、 「足元の物価上昇率には、特に短期的には押し上げ要因として働いてくる」と述べた。その上で、原油価格の下落は「前年比でみた影響はいずれ剥落していく性質のものであり、原油価格の下落が経済活動に好影響を与えていくということで、基調的に物価を押し上げる要因になり得る」と指摘。「もちろん原油価格の動向によって不確実な面はあるが、やや長い目でみると原油価格の下落は物価を押し上げる方向に作用する」と語った。


2017年のFOMCの開催日程
開催日時声明発表記者会見
2017年1月31日~2月1日日本時間 2日午前4時なし
2017年3月14~15日日本時間 16日午前3時午前3時30分
2017年5月2~3日日本時間 4日午前3時なし
2017年6月13~14日日本時間 15日午前3時午前3時30分
2017年7月25~26日日本時間 27日午前3時なし
2017年9月19~20日日本時間 21日午前3時午前3時30分
2017年10月31日~11月1日日本時間 2日午前3時なし
2017年12月12~13日日本時間 14日午前4時
午前4時30分


    *最近は黒田節が注目されなくなったが






    p

    内閣速報値のまやかし

    やはりまやかしだった。

    GDP1.0%増に下方修正 1~3月、


    2017/06/08「内閣府が8日発表した2017年1~3月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%増、年率換算で1.0%増だった。速報値(年率2.2%増)から下方修正となった。設備投資は上振れしたが、原油など在庫の圧縮ペースが前期より加速したことが成長率を押し下げた。 実質プラス成長は5四半期連続。改定値の民間予測(QUICKまとめ)は年率2.5%増と上方修正を見込んでいた。」



    2017/06/08
    【世界最遅の日本経済だから】内閣がごまかしたり見せかけを高めたりする様子が透けて見える。
    *2017/04/19時点でのIMFは日本の18年見通しを1.2%。それを下回った。


    I M F 世界経済成長率

    17/01時点

    17/04時点

    18予想
    世界3.4%3.5%3.6%
    米国2.3%2.3%2.5%
    英国1.5%2.0%1.5%
    日本0.8%1.2%1.2%
    EU1.6%1.7%--
    中国--6.6%6.2%


    2017/05/18
    「内閣府が朝方発表した日本の1ー3月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は、年率換算で2.2%増と市場予想の1.7%増を上回った。2006年4ー6月期以来、約11年ぶりとなる5期連続のプラス成長」



    2017/05/18
    【速報値だから】確報値段階で下方修正されるのではないかなm➔「予想通り」

    世界で一番成長していない国ーーーその国への株式投資の是々非々

    (米国、中国, 日本)名目GDP(USドル)の推移(1980~2017年)

    出典元;世界経済のネタ帳

    日本アメリカ中国198019821984198619881990199219941996199820002002200420062008201020122014201605,00010,00015,00020,000単位: 10億USドル
    日本アメリカ中国
    19801,099.702,862.48305.35
    19811,215.783,210.95290.72
    19821,130.403,345.00286.73
    19831,232.413,638.13307.68
    19841,309.794,040.70316.67
    19851,401.014,346.75312.62
    19862,075.624,590.13303.34
    19872,514.974,870.23330.30
    19883,051.175,252.63411.92
    19893,052.905,657.70461.07
    19903,140.675,979.58398.62
    19913,582.806,174.05415.60
    19923,898.146,539.30495.67
    19934,467.126,878.70623.05
    19944,907.587,308.78566.47
    19955,450.817,664.05736.87
    19964,834.028,100.18867.22
    19974,415.728,608.53965.32
    19984,034.459,089.151,032.58
    19994,546.059,660.631,097.13
    20004,887.3010,284.751,214.91
    20014,304.7610,621.831,344.10
    20024,115.2010,977.531,477.48
    20034,447.3811,510.681,671.07
    20044,815.7712,274.931,966.22
    20054,755.9813,093.702,308.79
    20064,530.4813,855.902,774.31
    20074,515.2614,477.633,571.45
    20085,037.9114,718.584,604.29
    20095,231.3814,418.735,121.68
    20105,700.1014,964.406,066.35
    20116,157.4615,517.937,522.10
    20126,203.2116,155.258,570.35
    20135,155.7216,691.509,635.03
    20144,848.7317,393.1010,534.53
    20154,382.4218,036.6511,226.19
    20164,938.6418,569.1011,218.28
    20174,841.2219,417.1411,795.30


    N225の50年推移
    韓国 51年間
    USA
    *
    長期間の株価の不信はGDPが成長
    していないのと連動。韓国にすら
    負けている。

    ト゛イツ
    中国
    *スイス
    *