ページビューの合計

NYダウ  N225  為替



.4月半ば頃も同じような現象が発生。
N225のパフォーマンスが際立った。
  • N225は14日の日足
    を15日日足で抱い
    た。先高。























N225・ 6ケ月 *

.
ドルが基軸通貨の米国株は為替の変動にあまり左右されず、為替の呪縛の虜がN225と言う構図か。













  • 2017/09/18
    • ▶09/11(2017)頃から円安・N225高・NY高に相互トレンドが変化した模様
     
【N225と為替とNYダウ】









国民の鬱憤バラシ



.民進党が崩壊の混乱のさなかの博打だろうが、病根は転移してイギリスのメイ首相のような憂き目にもなろうか。



大義のない、党利党略解散とみなされ
自民アウト

.





ミサイルお返しを撃つところを間違えているだろう。














  • 2017/09/17
    • ▶10月衆議院解散、総選挙
     
北朝鮮のミサイル脅しでフラストレーションの溜まった国民の視線をそらすため、唐突とも言える解散気球を上げた安倍。

騰落レシオ異常値現出 更新





.2017-09-19騰落レシオ日経平均比較
 【日経平均】20,299.38円  🔼389



.2017-09-13騰落レシオ日経平均比較
 【日経平均】19,865円  🔼89










.2017/09/15
日経レバ15750円を16500円で

売却設定









騰落レシオ6が高値更新
236ポイントに





2017/09/19  騰落レシオ6が236ポイント
  • 日経平均急伸。年初来高値。今日は騰落レシオ6がここ最近にない236ポイントに達した。警戒サイン点灯とブザー鳴動。
  •  レシオ10は150で警戒サイン点灯

 


  • 2017/09/14  騰落レシオ6が200ポイントをオーバ
    • 日経平均4日続伸。昨日は騰落レシオ6がここ最近にない200ポイントをオーバーした。警戒サイン点灯。
    • 重要視しているレシオ10は118でまだ大丈夫だが警戒要。

     

















この場面は投資リスクを取れるタイミングではない。ボチボチ売却も考えたい。



p

リチウムイオン電池関連・・・大穴株一工薬










  • 2017/09/10

  • イオン導電性高分子電解溶媒


      
    .......relative...........................................
    .【**********】
    • *******************************
    • ***********************
              
    • 2017/09/08
    ▶新日本電工はリチウム電池の正極材
    ▶大倉工業は
    ▶ホソカワミクロン▶▶▶▶

    チャート画像   


     
    青=4221大倉工業
    赤=4461一工薬
    =6277ホソカワミクロン
    橙=5563新日本電工


    • 2017/09/10
    ▶田中化学研
    • 2017/09/13
    • 東証が09/14売買分から再び信用取引に関する臨時措置。
    • 09/14の売買分から信用取引による新規の売り及び買いに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げる規制措置を実施していた。
    • 2017/09/11
    • 東証が09/11売買分から信用取引に関する臨時措置を解除。急騰。
    • 08/25の売買分から信用取引による新規の売り及び買いに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げる規制措置を実施していた。 
    • 2016/09/21
    ▶8月31日、住友化学が、主要4部材の一つの正極材なる部材で、一発逆転をもくろむ一手を投じた。正極材メーカーの田中化学研究所を連結子会社化すると発表。
     田中化学は、規模は小ぶりながら「技術力が高いと業界では有名」。第三者割当増資を約65億円で引き受け、14.8%の出資比率を50.1%に引き上げる。住友化学は、2013年に田中化学に資本参加、車載向け高容量正極材料を共同開発してきた。2015年には出資比率を14.81%に引き上げ、関係を深めてきた。


    =6277ホソカワミクロン



     黒=4080田中化学研

     青=4221大倉工業


    赤=4461一工薬


    *

    橙=5563新日本電工

       


     
    青=4221大倉工業
    赤=4461一工薬
    =6277ホソカワミクロン
    黒=4080田中化学研




    継続企業の前提のことです。
    四半期財務諸表に関する注記事項で継続に関する注記は該当なしになっています。
    ところが3 その他 で 継続企業の前提に関する重要事象等の文言がありますがこれは どういうことでしょうか?



      継続企業の前提とは、企業が将来にわたって無期限に事業を継続することを前提とする考え方のことでございます。 現状では、重要な不確実性(資金繰りの不確実性)がなくなり該当事項はございません。 但し、6期連続での営業損失を計上しているため継続企業の前提に関する重要事象等の文言は掲載してございます。 今後とも弊社をご支援いただきますよう よろしくお願い申し上げます。 こんなん出ました。