ページビューの合計

オムロン下方修正、ロームはどうだ?

*2016/10/27
【オムロン】
2Q公表は本日ヒケ後
オムロン通期下方修正だが
コンセンサスより若干上回る。

*2016/10/28オムロンが4日続伸し、1月4日につけた年初来高値4085円を上回っている。27日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を8200億円から7650億円(前期比8.2%減)へ、営業利益を630億円から550億円(同11.7%減)へ、最終利益を475億円から400億円(同15.4%減)へ下方修正したが、前提為替レートの見直しが主な要因であり、足もとの円安で修正値の上振れを期待した買いが入っている。 下方修正は、下期の前提為替レートを1ドル=100円、1ユーロ=110円へ変更したことが要因という。ただ、会社既存5事業(制御機器、電子部品、車載、社会システム、ヘルスケア)は現地通貨ベースでは従来計画通りを見込むとしており、為替次第では修正値の上振れも期待されている。 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高3715億9200万円(前年同期比10.1%減)、営業利益258億9100万円(同21.5%減)、最終利益158億4900万円(同35.2%減)だった。

     

【当期経常益550億円】 コンセンサスは542億円 本日終値=3、820円+15円 2Q平均為替レート 1㌦=107円

3Q以降の為替レート 1㌦=100円

株価10/28前日比  %


 4,060円+2406.28
 出来高388万株



 アク抜けとなるか?






【ローム】
2Q公表は11/1


ロームはに2Q累計を下方修正だが通期はとりあえず据え置いている。

【当期経常益165億円 会社予想(前年比55%減益)】 コンセンサスは175億円 本日終値=5,440円+0円 1Q集計時点での為替レート 1㌦=109円

オムロンの平均為替レート実績107円より2円円安で設定。為に、さらなる減額の可能性?通期も?オムロンの明日の株価反応を見て対処。



ウイキリークスの材料がでてきた

*
「ウィキリークス」
10月25日クリントンに関するメール問題で新たなニュース。
**
        
.......relative.............................................................................
.【トランプ、ジョーカーを.きる。オバマ大統領の捜査要求】
  • 内部告発サイト「ウィキリークス」は25日、クリントン陣営の責任者であるジョン・ポデスタ氏のアカウントからハッキングされた大量のメールを新たに公開。そこには、オバマ大統領が私用メールサーバーについて報道で知ったとテレビインタビューで明かした後に、陣営が対策を講じようとした様子が記されたものもあった

*







大きな下げが始まる前の好天気

*
「世界の株式市場は好調だ」
2016/10/25.......relative..................................................................
.ドルは新興国通貨に対して下落した。米大統領選の投票を2週間後に控え、最近の世論調査で民主党のクリントン候補が共和党のトランプ候補に対するリードを広げていることを背景に、 市場でリスク志向が強まった。
  •     トランプ氏の保護主義的な姿勢は新興国通貨にとってリスクとみられている。「米大統領選によるドルへの影響という点では、市場はトランプ氏に関連するリスクの織り込みが薄れた」
     
    ..



    .....relative.............................................................................

    .【アメリカの裏庭ブラジルの金融事情は最悪にも関わらず株は高い】
    • ブラジル中央銀行が26日発表した9月の銀行融資デフォルト率(90日以上の延滞債権の融資総額に占める割合)は、8月改定値と同じ5.9%で過去最悪にとどまった。デフォルト率は過去1年でほぼ1%ポイントも切り上がっている。 
    •     9月の銀行融資総額は0.2%減の3兆1100億レアル(9980億ドル)だった。 
    •     一部のエコノミストは今後予想される中銀の利下げによって信用ひっ迫が和らいでいくと楽観している。ただ、銀行側はデフォルト率が低下するのは早くても来年前半になってからだとみている。
    • アメリカが利上げするのは間違いないのに。
      ..........................
      .
 
ところが、トランプが勝ったとなったらそのショック安は大きくなる。
一方、クリントンが勝っても、織り込み済みで材料出尽くし安となるだろう。






















トランプか、クリントンか


*
「臭いはかいだが肺まで吸い込んでいない」
ビル・クリントンが、1992年の大統領選で、学生時代の大麻問題を追及された際。
**

.......relative..................................................................
.
【それでも現職大統領を破ってクリントンが勝った】
  • 1992年アメリカ合衆国大統領選挙は、1992年11月3日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。民主党のビル・クリントンが現職で共和党の ジョージ・H・W・ブッシュを下して当選した。また、この選挙では、ロス・ペローが、第三の候補として一時世論調査でトップに立つなど他の候補を大きくリードし、民主党・共和党によるアメリカ二大政党制が崩壊するのではないかとまで言われた。ところが、選挙戦に入り突如不出馬を表明、後に撤回するなど対応の不味さから大きく失速することになった。
    2014年現在、アメリカの大統領選挙で現職大統領が出馬しながら敗れたのは、この選挙が最後である。また、この選挙以降同一政党の大統領が2人連続して当選することはなくなっている。
*

















ドルインデックスと日本円/ドルチャート


2016/10/12



ドルインデックス
............高値推移
2017/01/03103.82
2016/12/28103.62
2016/12/19103.27
2016/12/15103.15
2016/12/14102.35
2016/11/24102.05
2016/11/24101.90
2016/11/19101.48
2016/11/18101.01
2016/11/17100.57
2016/11/14100.22
2016/10/2699.117
2016/10/2498.847
2016/10/2198.809
2016/10/15
98.080

    .......relative...........................................
    .【間もなく1㌦=120円に】
    • 図の上はドルインデックス(2008年~2016年)
      下はドル円為替レート
      (2012年~2016年)
    • 米国での金利はFRBに利上げを待つこと無く既に上昇し始めており、ドルインデックスは今年の年初の水準まで上昇してきている。
      2016/10/12時点で97.8まで上昇している。
    • ドルinデック社主要国通貨のバスケット指数だが、ユーロの比重が高く、円に対しては時間軸が少しずれて影響が現れてくる。
    • もう円高は終わった。年内に120円に向かう。
    • 半導体輸出株にビッグチャンス





            

    2016/12/12
    米国10年債利回りが節目の2.52%台と、2014年10月以来の高水準に上昇した。

    米10年国債利回り】
    高値推移
    2016/12/172.619
    2016/12/142.530
    2016/12/012.491
    2016/11/242.417
    2016/11/192.335...
    ...........................
    ▲↻とっくに超えました。2016/12/17

    ......2.35%超えが危険水準

    【米10年国債利回り120MA】2017に下記をブレイクすれば米金利は長期上昇トレンド入りのサイン(謎の当たりや)
     2.8 %  .

































    • 【米10年債利回り】 当日
    • 【米10年債利回り】 当月1ケ月間
    【米10年債利回り】 1ケ月






      • 【米10年債利回り】 6 ケ月
    • 【米10年債利回り】 5 年

    • 【米10年債利回り】 7 年

    • 【米10年債利回り】 10 年

    日本
    日本国債10年利回り
    チャート表

    *日本国債10利回り

       6ヶ月

    日本国債10年利回り5年


    ドル円相場長期チャート1998年以降
    ㌦円超長期画像サイト


























































    • .

     【㌦/円】日足3ヶ月

























    • 【ドル高】大統領選後のドル高はリスク・オフのドル買いが主要因。市場の大勢の受け止めは、トランプ氏の財政政策等を好感したためというものだったが、事実は違う。グローバルなリスク・オフが起こっており、米国に流入した資金が米資産クラスの一部を押し上げている。2008年の金融危機後も同じ現象が起きた。資本流入増大とともにドル高をもたらした。

      プリンストン大学のHarold James教授

      *2016/11/25 113円
      米大統領選リスクに備えた円ロングポジションの巻き戻しが急速に起こっている(当たり屋)。

    • *2016/11/14  108円。
    • トランプショックで102円を試し、割れた後急伸してついに108円に。ドルインデックスも100を超え、120円達成を確信。

    • *2016/10/14 104円。 
    • 8月中旬から上げ下げしながら、完.全に上値切り上げ、下値切り上げ型に突入。今月内に、102円を試す場面もありだが趨勢120円に向かって進行。














    p