ページビューの合計

半導体関連-----米アプライド・マテリアルズ決算好感


  • .....................................................................................半導体市場をけん引するのはやはり携帯電話。
    米市場調査会社のIC Insightsは、スマートフォンを含む携帯電話向けのIC市場が2019年までに年平均成長率CAGR 6.7%で成長していくという予測を発表した。携帯電話そのものの伸びは鈍化する傾向にあるが、ICは成長していく。電話の台数や売り上げ以上に部品の伸びは大きい。ある程度在庫を置かなければならないからだ。









  • 東京エレクトロンと合併が破談になった経緯があるAMAT
    ...........................................................
.
..reative....left:150px..........................
...........................................................................................................................................
  • *アプライド・マテリアルズ






















            SOXX 半導体株指数 6ケ月








.....
.



















................................................................................*
  • *2016/08/19
    東京エレクトロン8035、日立国際電気6756、アドバンテスト6857などが堅調。米半導体製造装置大手アプライド・マテリアルズAMAT.Oが発表した第3・四半期決算は増収増益。第4・四半期もアナリスト予想を上回る見通しを示した。同社株は時間外取引で一時5%を超す上昇となっている。市場動向の明るい兆しを好感した買いが半導体関連株に入っており、SUMCO3436、SCREENホールディングス7735、ディスコ6146も上昇スタートとなっている。






















  • *ローム--111百万株


................................................................*
  • *東京エレ--165百万株【半導体製造装置株】
  • *日立国際--105百万株【半導体製造装置株】
  • *アドバンテスト--199百万株【半導体製造装置株】
  • *SUMCO--293百万株【半導体製造装置株】
  • *スクリーン--254百万株【半導体製造装置株】
  • *ディスコ--36百万株【半導体製造装置株】

.....

    ............................................................*

    ...

    ........................................................
    ................................
    2016/08/24
    2016年2Qの世界のスマホ販売台数は4.3%増、中国Oppoが急伸。世界販売トップ5社の内、中国企業が3社を占めた。5社の中でAppleだけが出荷台数を同7.7%減らし4439万5000台となった。
    ・2016年の2Qに出荷したシリコンウェーハの総面積は、27億600万平方インチとなり、四半期における出荷面積としては過去最高を記録した。
















    ...................................................................
    • *2016/05/23東京エレクトロン(8035)、日立ハイテクノロジーズ(8036)、日立国際電気(6756)、アドバンテスト(6857)、ディスコ(6146)などの半導体製造装置関連株が軒並み上昇
    • 5月19日に決算を発表した世界最大の半導体装置メーカーである米アプライド マテリアルズの20日の株価が好決算を背景に+14%高となったことや、5月20日に日本半導体製造装置協会(SEAJ)が発表した2016年4月の国内半導体製造装置メーカーのBBレシオ(3か月移動平均、暫定値)が1.16となり、5か月連続で1を上回った


























    ........................................................................*
    • 東芝
    • *トプコン7732--108百万株【ウェハー表面検査装置】

    .

    BBレシオ









    「1」 を上回っているかどうかが大事

     .

    北米地域半導体製造装置BBレシオ
    2016年
    1月2月3月4月5月6月7月-----
    1.071.051.151.091.091.001.051.03----
    2015年
    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    1.041.031.11.040.990.981.021.061.040.980.961

    日本製 半導体製造装置BBレシオ
    2016
    12345678
    1.351.411.111.161.041.331.241.18
    ........................................................................................................................................................................
    • *2016/08/22
      アプライド マテリアルズの2016年10月期Q2(2-4月)決算が好感された理由。売上高は前年同期比横ばい、当期純利益は同▲12%減となり、実績数値を見る限り、大幅高になるような内容ではなかった。ただし、新規受注高は前年同期比で+37%増、前四半期比で+52%増と大幅に伸びており、そのことが注目された。
      決算発表資料によると、当四半期の受注は四半期ベースで過去15年間で最大と。また、受注の中身を見てみると、半導体製造装置だけではなく、ディスプレイ用(液晶や有機EL向け)も受注が大幅に伸びている。足元の収益ではなく、受注増加による将来の収益改善期待が株価の上昇要因。
    • BBレシオとは、販売額(billing)に対する受注額(booking)の比率のことで、通常、3か月移動平均の売上高、受注高を用いる。これが1を上回ると将来の景況感は改善傾向へ、下回ると悪化傾向に向かう。











    任天堂

    • ................................................................
    ..


     任天堂7974   

    ..reative....left:150px..........................
    ..........................
    •   *任天堂
      h........................


    ................................................................*
    • *2016/09/08
      任天堂が急伸。前日比で一時18%超高となり、取引時間中としては7月22日以来、約1カ月半ぶりの高値水準を付けた。同社は7日、米アップルがサンフランシスコで開いた新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」発表会で、新作「スーパーマリオラン」をアップル端末向けに12月に配信すると発表。これを好感した買いが入っている。     
    •     同作で協業するディー・エヌ・エーは一時ストップ高。また人気スマホ向けゲーム「ポケモンGO」が新型の腕時計型端末「アップルウォッチ」に対応することが明らかとなったことを背景に、サノヤスホールディングスなどポケモン関連銘柄が大幅高となっている。
    • ・新作「スーパーマリオラン」を米アップル端末向けに12月に配信すると明らかにした任天堂は買い気配値を切り上げている。協業するディー・エヌ・エーも買い気配。また、京都銀行など任天堂関連銘柄の一角が大幅高
    • *2016/08/22
      楽天証は目標株価レンジを3万5000-3万7000円に引き上げ 
    *今秋にスマホゲーム「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム」を配信し、11月に3DS版「ポケットモンスター」新作発売、17年3月「NX」発売、17年3月末までにスマホゲーム2作配信開始と重要スケジュールが続くと指摘。今期を起点とした新しい上昇サイクルが予想され、その起爆剤が「ポケモンGO」となりそうで、来期以降の高い利益成長を予想するとした。 19日の終値は、前日比695円安の2万2200円。








    .....
    ................................................................*
    • *







    .....................................................................................................................
    • *【日経8/16】世界中でブームを巻き起こしているスマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」がギネス世界記録を打ち立てた。「(配信が始まった)最初の1カ月でダウンロード数が最多」など5つの項目について世界一の記録を達成したと英ギネス・ワールド・レコーズが16日までに発表した。
       ギネス社が世界記録と認定したのは、モバイルゲームとして、(1)配信から最初の1カ月のダウンロード数が最多(2)売上高1億ドル達成が過去最速(3)最初の1カ月の売上高が最高(4)最初の1カ月間の売上高で同時にトップを獲得した国・地域の数が最多(5)最初の1カ月間でダウンロード人気ランキングで同時にトップを獲得した国・地域の数が最多――の5項目。

       ダウンロード数は、7月6日に米国などで配信が始まってから世界で1億3000万となったという。売上高は20日間で1億ドル(約100億円)に達し、そのスピードはモバイルゲームでは過去最速という。1カ月の売上高は2億650万ドルに達しており、これも世界記録と認定した。
       また、モバイルゲームとして世界70カ国でダウンロード数がランキングで同時にトップになったのは初という。55カ国で売上高首位に躍り出たことも、ギネス記録として認められた。

       今後もポケモンGOが熱狂的に支持されるかは不透明だ。例えば、日本では配信開始後10日でスマホゲームのアプリランキングの首位から脱落した。
       インターネットでは「飽きた」という書き込みも多い。配信1カ月で次々に金字塔を打ち立てたが、これからも新たな世界一を次々と記録できるかは分からない。
    *2016/08/16
    人気低落かと言われ始めだしたポケモンGO。
    DLランキングでまたトップに帰り咲いた。

    【トップセール】売上ランク
    1位ポケモンGO
    2位パズドラ
    3位モンスト

    【無料】
    ポケモンGO・・・5位
    モンスト・・・・・・・91位
    パズドラ・・・・・・100位
    .............................................
    .


























    ...........................................................*

    竹内製作所6432


























    • .............................................................
        雲抜け寸前(2016/08/15)


      ...................................
      .【為替】通期レート*2016/09/28
      • ・1㌦=100円前提。
      • 【為替】通期レート*2016/08/18
        ・1㌦=107円前提。

      ..................................*

      .............................................................................................
      .
      .eative....left:150px...........................
      .....
      ................................................................*
      • 【JPX400
        ・新規採用済。
      .......................
      •   *竹内製作所
        h........................
      .....
      ................................................................*
      • 【業績設定傾向
        ・堅実というのではなく非常にハードルを低く設定してクリアする企業体質
        .

      ................................................................*
      • 【海外比率
        ・97%

      ................................................................*
      • 【会社設定】・通期経常利益=11.800百万円
      • 【IFISコンセンサス・通期経常利益=12,467百万円
      • *【1Q実績から通期を読む】
        通期予想
        =1Q経常利益×4=4,432×4
        =17,000百万円
      •   1Q為替差損=420百万円
      •   2Q累計為替差損=1469百万円

      ...

      .
      ............................................................*
      • 【リバウンド】8月末までに
        ・1,800円前後

        • 8月末までのリバウンドならず。撤退模索。2016/08/30
      • ................................................*














      *2016/09/29 9:58
      中間公表を受け急騰。1,599円 前日比+103     (+6.89%)
      勢い良く雲抜け。
      先に、8月末までにリバウンド」狙いで結局小幅利益でポジション閉じたが。
      約1ヶ月遅れでやってきたリバウンド。1800円位で終わるだろう。

      *2016/09/28
      2Q累計業績予想上方修正。通期前回予想とほぼ横這い。中間決算10月11日

      *2016/08/18
      1㌦=99.7円と100円割れてきた。これではタケウチ流石にダメでしょう
      *2月決算
      1Qは円高で売上横這いだったが販売台数は伸びている。この期間の平均レートは1㌦=110円程度。通期設定レート107円に対し円安。2Qは実態平均レートは105円。∴半期ではチャラ。期首設定の107円で上期通過予想。
      であれば、業績上振れ確実。
      ................................................
      ...........................



      .............................................................*
      • 【増配
        ・22円→26円