ページビューの合計

東電意外や堅調

東電は昨日の原発臨界事故ニュースでさすがに大幅下落は免れないと思っていたら、逆に80円高。30年前に事故とはいえと思う反面、経済的、そして業績的に考えて見るとと言う気持ちが交錯する中での結果だ。北陸電力や一連の不祥事ニュースの中で皮膚感覚的には薄々分かっていたと言うのが市場の本音か。恐らく個人で毎日株価を見ている売るべき人はもう既に売っているのだろう。機関投資家や外資の冷徹な視線からは格好の拾い場になるのだろう。何せ、先日の追加東電債の人気、や並みの銀行を上回る格付けなどから見たらプロの株だ。中部電力に株価は負けているし、今日は出来高でも負けていた。人気の業界01台の株価で出遅れの東電。チャートがきれい。

中部電力他、公益電力株に注目集まる

『23日中部電は高値更新、英ヘッジFが大幅増配提案 中部電力 <9502> は大幅続伸。2月7日に付けた昨年来高値を約1ヵ月半ぶりに更新。英ヘッジファンドのザ・チルドレンズ・インベストメント(TCI)が20日に同社に対して今3月期の期末配当を会社計画の30円から60円に増額するよう提案したことが明らかになった。同ファンドはアクティビスト(行動する株主)ファンドとして知られ、最近ではオランダ金融大手のABNアムロに会社分割要求などを突きつけ、ABNアムロを英バークレイズとの経営統合交渉に向かわせたとされているほか、2年前にはドイツ証券取引所によるロンドン証券取引所の買収計画に異議を唱えて白紙撤回させた“実績”もある。 増配提案を受けて「内容を慎重に検討する」というコメントを出した中部電だが、公益性などを理由に簡単に拒否できるかどうか、その後の動向も含めて考えると難しい判断。また、現在のグローバル化した金融市場環境を考えると、村上ファンドなどよりも対応ははるかに難しい。 これまで判明しているTCIの保有株数は発行済株式総数の1%程度だが、最近の株価の動きを見ていると、買い増している可能性がある』

ザ・チルドレンズ・インベストメント

英国系投資ファンド「ザ・チルドレンズ・インベストメント・マスター・ファンド(TCI)」は20日、中部電力に対し平成19年3月期の期末配当を今の1株当たり30円(予想額)から同60円に増配するよう要求したことを明らかにした。収入が潤沢であるにもかかわらず、株主への還元が少ないことを増配の理由に挙げている。 TCIは議決権を持つ中電株主だと主張しており、6月に開かれる予定の中電の株主総会で増配を正式提案する方針。これに対し中部電力は、提案内容を慎重に検討するとしている。

ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド、今度は中部電力

・中部電力
チルドレンズは、好調な中部経済で電力需要が拡大すると。「三千円台の株価は安すぎる。六千円台が妥当」。複数の首脳によると、チルドレンズは製造業を中心に業績が好調なうえ、豊富なキャッシュをもつ堅実経営が魅力に映るようだ。資本効率を高めるために大量の自社株買いや増配が必要だと・・・
・大阪証券取引所株を取得、昨年、TCI(ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド)の担当者は大証を訪問、事業の詳細などの説明を求めた。 英ファンドのTCIはドイツ取引所の株主として経営に影響力を振。TCIは今のところ経営に関する具体的な要求はしていない。TCIによる今回の大証株取得が、直ちに証取再編に結びつくかどうかは不透明だ。「米ナスダックによるロンドン証取への買収提案などで思惑買いされている」(中堅証券会社)との見方が多い。 〇五年九月末時点の大証の株主構成を見ると、外国人が四七%を占める。大証が安定株主と頼む証券会社も最近の株高で売却している可能性があり、株主の流動化が一段と進んでいるとみる向きは大証内部にも多い。IT(情報技術)革命と取引のグローバル化を背景に、世界の有力証取が合従連衡の動きを加速している。(2006/03/21, 日本経済新聞)
・J-POWER (電源開発)は13日、筆頭株主の英投資ファンド「ザ・チルドレンズ・インベストメント・マスター・ファンド」から、期末配当の大幅な増額を要求されたと発表した。 電源開発は2007年3月期の期末配当を1株30円と計画していたが、チルドレンズは「少なすぎる」として100円に増やすように求めた。 公益性の高い電力業界で株主が公然と利益還元を求めるのは異例で、エネルギー業界でも投資ファンドの影響力が強まる可能性がある。 チルドレンズは9日付書面で、電源開発に対し、6月の株主総会で配当の増額を議案とするよう求めた。電源開発の年間の設備投資約1200億円に対し、現計画の配当総額は中間配当を含め約100億円となっており、「安定性の高いビジネスモデルであることを考えると配当は少なすぎる」としている。期末配当を1株100円に引き上げた場合、年間の配当総額は約210億円に増える。チルドレンズは昨年9月末時点で、電源開発の発行済み株式数の4・57%を保有する筆頭株主となった。その後も断続的に株式を買い増し、今月7日時点で9・9%を保有している。電源開発は「(チルドレンズの)株主提案の資格を確認した上で、内容を慎重に検討する」としている。電源開発の外国人持ち株比率は昨年9月末時点で4割以上に上る。チルドレンズの提案に賛同する株主が出てくる可能性もある。(2007年3月13日 読売新聞)
チルドレンズ・インベストメントがJ-POWERに対して増配要求。電力大手に増配圧力。チルドレンズ・インベストメントは2006年秋からJ-Powerを買い増し7日に提出された変更報告によれば持株比率が約10%に達している。これを含めた外人持ち株比率は38%。チルドレンインベストメントは2005年ドイツ証券取引所によるロンドン証取買収を阻止して一躍有名になったヘッジファンド。
先週のトヨタのIR説明会に続き、今日はTOTO,アサヒビール、武田製薬、HOYAの合同会社説明会に出向いた。やはり超一流企業は違うなぁ。パワーポイントでの資料作りもすばらしいし、説明も上手で、企業の顔にふさわしい人物を担当させている。短期的な視点のほか中期経営計画も分かりやすく簡潔である(どこかの企業と違って)。また、中高年の多い来場者の饒舌な長ったらしい質問にも端的に当を得た回答をする。皆どの企業も最低1単位は持っていても良いと改めて思った。特にHOYAは業績最高益にもかかわらず今日は4000円割ったとかで質問があった。株主優待もせず云々のくだらない質問もあったが、配送コストや、半分以上が外国人であること考慮した場合配当にまわしてキャッシュでお返しした方がという考えがすっと出るあたりすばらしい。また、第3四半期の業績発表が市場期待を下回ったから売られたようだ。兜牛自身も昨年末に手放したが確かにそうだった。業績好調だが市場は多分そのように評価するだろうと。が、HOYAの担当者は業績に強く自信を持っている。長い目で見てくれといっている。今期積極的に設備投資をしてきた。M&Aもやってきた。配当も高配当を出しているし、自社株買い及び自社株消却もやった。株式分割もやった。(5000円くらいあってもおかしくない印象をかもし出していた。今の株価の25%UPの計算になる)。

武田とトヨタはホールドしているがHOYAは買い戻そう。アサヒビールは3月末の株主説明懇談会出席用に100株買おう。TOTOも検討しよう。

帰りにはお土産もらったビール(アサヒ)、アリナミン(武田)、メガネ拭き(HOYA)、トイレ洗浄薬品(TOTO)。

MYボード(チャート集)  For MY-Tabulet

ずうっと下の方の隠し場所↓


























チャート画像チャート画像チャート画像
チャート画像チャート画像チャート画像
チャート画像チャート画像チャート画像チャート画像チャート画像チャート画像
チャート画像チャート画像チャート画像チャート画像チャート画像チャート画像
チャート画像
   
   
   
   
チャート画像チャート画像チャート画像   

【金言】

 


【金言】
 株価を構成する要因
・マーケットの動向=30%
・業種の動向=30%
・個別株の動向=30%
・残り=天候とか10%
・公表されたデータにマーケットが反応しないなら要注意
・ポジションに確信が持てないならそのポジションはすぐに処理すること

・マーケットの総意とは反対方向でトレードすること
・割安を売り、割高を買うが相場の鉄則。相場は効率的だから、既知の情報は好悪どちらも瞬時に織り込まれている。割高に見えるのは潜在的な情報を織り込んでいるが、大衆がまだ知らないという点が多い。
 もみあい圏レンジ相場
もみ合い圏での取引は単純性を大事にすること。下げで買い、上げで売れ。ボトムで買おうと努め、ピークで売ろうと努めること

*ブレークアウトの認識
往々にしてもみ合い放れのブレークアウトは相当期間が進行した後でないと認識できない。その時は参入する機会メリットがかなり薄れている。

*ブレークアウト
もみ合い圏が終了し最終的なブレークアウトに際し既に反対のポジションを選んでいるため(例えば高値で売ってしまった後に、高値から上放れする)、不可避的に損失を呼ぶ

*偽りのブレークアウト
偽のブレークアウトや時期尚早のブレークアウトが頻発する。本来売るべき時に買い、買うべき時に売ってしまうリスクが常にある。


   
 
*未練株を断ち切れ
未練株を断ち切って、「あれ?」銘柄を間髪入れずに買い付ける。
とかく、未練株を抱えると相場は曲がってしまうことが多い。


*理屈はいらない!
『会計学』と『経済学』を学んでいれば、『相場』に勝てるとは言えない。
流れにのること。
『人気と需給』。そこの見極め。
「アナリストが当てられない」のは、そこ。                                 



*レンジ相場でのブレークアウト対処法
・ブレークアウトがやってくる方向でのみポジションを確保する。例えば上方向のブレークアウトの公算が大きい場合、日経インバースは買わない。日経レバレッジは出来るだけホールドする。

・マーケットの総体的な方向感に対する明瞭な認識を持つこと。トレンドフォローの重視。
・その時々のマーケットの流れや考え方に自分の戦略を適合させること。「ある年はモメンタム戦略、翌年はバリュー戦略」などの柔軟性を持つこと
・極度の弱気で買い、極度の強気で売ること
・ファンダメンタルに先行して株価は動く。業績修正は程度の差はあれ漏れているから、その時の自分の気持ちの反対の売買が出来ること
・特定のニュース株価がどう反応するかに注意すること  



   



 人の行く裏に道あり花の山                   



 利があれば どこから来るのか欲の虫 我も彼もと金の行列    
 相場の終わりが近いサイン



 銀行よさようなら証券よこんにちわ                  



 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく      



 野も山もみな一面に弱気なら、阿呆になりて米を買うべし  
    



強気と
  幸福感        







強気の変調、警戒の台頭   


楽観から
頂天





悲観局面


 


  
希望と
自信そして楽観



 '13/07/29
 '13/08/02
'13/07/01
 '13/06/19


不安から恐怖へ


懐疑の中の期待



 '13/06/04


あきらめ











新日鉄862円+66円。前日比8.29%

いったいどういう相場なんだろうか?新日鉄が暴落前の高値を抜いて新高値となった。862円+66円。前日比8.29%の驚異的な上げ幅。東証1部値上がり率上位20番に位置した。新日鉄ホルダーのみ幸せな一時を過ごせている。それ以外の銘柄も今日は上げているが昨日の下げを回復できていない。

TOB、M&A、

日興コーディアル証に米シティがTOB。三菱東京UFJがカブドットコム証にTOB。松井証に連想買い。金融再編と証券再編が入り混じって、かつ世界的流動性と資金移動があいまって波乱万丈の証券マーケット。女・子供・老人・社ラリーマンには危険な世界。三井住友グループはおとなしい。新日鉄が50円高する時代。次は大和証券グループか?

フォーサイドドット<2330>

「2007/03/01 これはもう「経営」とは言えない。前期は600億円超える最終赤字 もはや適切な言葉が見当たらない。 当社は2月28日早朝、前06年12月期決算発表の遅延と特別損失の発生等を発表した。前期(変則14カ月決算)の正式な発表は3月中旬になるが、最終損失が606億円に達するという。いやはや。 昨年12月には最終損失が295億円になるとしていたが、さらに拡大した訳だ。損失拡大リスクについては過去の本欄記事でも指摘してきた。それにしても…だ。 赤字拡大は、従前より方針を示しながら実現していなかった欧州子会社の売却が主因。05年に買収した英国子会社に別の子会社を吸収したため、欧州子会社へのトータル投入額は480億円に及んだ。これを76億円で売却したという。ただ欧州子会社への単体からの貸付金44億円の回収を含むため、実際の資金回収額は120億円となる。実際の売却は2月末だが、前期で減損処理する。すでに中間時に119億円の減損を行っているが、これが約400億円に膨れ上がったことになる。 欧州子会社の売却先は、この子会社の元経営者が代表を務める受け皿会社。会社側によるとスポンサーはゴールドマン・サックスほかで、ゴールドマンが受け皿会社に元経営者を引っ張ってきたと言う。が、2年余の間に480億円で買った会社群を76億円で売却しているのだから、驚かされる。ちなみにゴールドマンは、欧州子会社のメインであった英国子会社買収時のフォーサイド側のアドバイザーだった。 昨年12月には、消費者金融キャスコでも、1年余り前にトータル120億円で買収した企業の株の大半を1億円で売却している。単純に経営判断のミスとしても、あまりにも気前が良過ぎる。 当社は04年4月に73億円、8月に195億円を公募(いずれも手取り概算)、さらに05年にはMSCBで500億円を調達している。これらは、おそらく個人投資家から集めた資金だ。それを海外企業買収にざっくり600億円、キャスコほか国内企業に約150億円投じた。そして、600億円近く損をして見せた格好。こんなことを言いたくはないが、04年の2回の公募増資時には、同時に安嶋幸直社長らが売り出しを行い、40億円近くを得ている。 さて、米国を除いて海外はほとんど撤退。国内も興行会社、消費者金融と手放し、残ったのはほぼ単体だけということになった。ただし、今期は欧州子会社分の売上高が2カ月分、約37億円計上される。米国は数億円、国内は20数億円なので、今期の売上高は65億円程度と予想される。これは28日に会社側が出した中期再生プランの数字と同じだ。08年12月期には75億円を目標としているが、再びM&Aでもしない限り、まず達成は困難だ。欧州を売却した以上、今期の実力値は売上高30億円程度。来期に倍増するとは考えにくい。 そして利益だが、欧州と北米の利益をほぼ無視すると、参考になるのは単独の実績。大赤字ではあるが、子会社群がなくなったことで管理コストの圧縮は可能だろう。再生プランでもコスト削減については詳細に述べられている(数百億円損をしておいて今更という気もしなくはないが…)。ただ、会社側への信頼が失われた現状、今期の黒字予想は立てられず、赤字予想にしてある。 最後に、これだけの巨額赤字を出しても債務超過にはならず、現金が約100億円残るため、規模さえ縮小してしまえば経営は成り立つようだ。一見不思議だが、株を刷って得た700億円があったればこそ、という事実を忘れてはならない。会社側が事業で生み出した利益だけならば、この損失で吹き飛んでいたはずだ。もっとも、事業で生み出した利益では、これだけの大博打はできなかったのだが。 経営基盤が脆弱な新興企業が期待だけで巨額の資金を集められる。株式市場とは、罪なものでもあるようだ。【某記者】
  (百万円)   売上営業利益 経常利益  当期利益  1株益¥ 1株配¥
連本2005.10   41,469  1,464   1,608   -9,735    -5344 150  0
連本2006.12予 74,300  7,300   7,870   -60,650   -25465 0  0 」

今度はスペインの電力会社

ドイツのエーオンが買収提案しているスペインの電力会社エンデサ(円で差)にイタリアのエネルギー大手エネルが持ち株比率を24.9%に引き上げ。スペイン政府の出方にも妙味。電力会社は先日アメリカで大型M&Aテーマが持ち上がったばかり。規制銘柄ではなくなってきたエネルギ業界の液状化現象だ。今年の業界再編の話題の中心に躍り出そうな予感。

続落。あぁ、嫌になっちゃうよ、あぁぁ嫌になっちゃった。


今年はあらゆる点から株式投資万歳の年と心待ちしていた。ところが指数は上がり、鉄、不動産は大幅高だが自分の持ち株はなかなか上がらない。そのうちクラッシュ。一緒になって大幅下げ。期末配当取りの月。法人BSの有価証券評価の月。そして、来月は三角合併OKの月。企業業績は上方修正ムードの中、株式は調整局面に入った。

●●●兜牛リスク指数



853
+100
(12/20)
753
-47
(12/19)
800
-24
(12/18)
823
-27
(12/17)
851
+31
(12/14)
819
-1
(12/13)
821
-34
(12/12)
854
+21
(12/11)
834
-32
(12/10)
866
+3
(12/7)
862
-22
(12/6)
884
+29
(12/5)
854
+36
(12/4)
818
+43
(12/3)

●●●●●●●●●●●●●.●.●●●●●●●●●●●●●●●●

XーFile 照合表


感情
XーFile140901一工薬4461
XーFile140821水戸証券8622
XーFile140816東京鐵鋼5445
XーFile140727合同製鐵
5410
XーFile140726川岸工業
5921
XーFile140724共同印刷7914
XーFile140723日本鋳造5604ネガティブへ移行